美幌ライオンズクラブ331-B地区 第5リジョン 第2ゾーン

会長挨拶

 

『 笑顔で奉仕 』

会  長  柳 沼 宏 章(2020年7月〜2021年6月)

 このたび、伝統ある美幌ライオンズクラブ第58代会長へ就任するにあたり責任の重さに緊張と不安でいっぱいですが会員皆様の御支援と御協力を期待し1年間務めさせて頂きます。

 今年度の会長スローガンとして「笑顔で奉仕」を掲げさせて頂きました。このスローガンには楽しい例会を通じて、笑顔で意義の有る奉仕が出来るようにという思いを込めています。例会、奉仕活動については各委員会等の力を結集して楽しく又、内容の充実を図り行っていきたいと思っております。

 奉仕活動についてですが、我がクラブも結成以来58年という長い奉仕活動の積み上げの上に成り立っているところと思います。先輩諸氏の継続した活動へ敬意を表すと共にこれからの奉仕活動への決意を新たに思うところです。

 「笑顔で奉仕」のスローガンのもと全会員で地域に必要とされる奉仕活動をより一層充実させて行きたいと思います。しかし、今年はご存じの通り新型コロナの影響でスポーツ大会、お祭り等の中止が相次ぎクラブとして従来のとは違った活動へと、変化は免れない事実と思います。困っている人たちそして地域に必要とされる奉仕を、皆さんと知恵を出し合い様々な形での奉仕活動を行っていきたいと思います。

 LCIFについてですが使命声明文では「財団の使命は人道主義的奉仕、大災害援助、職業技術訓練を通じて、地域社会及び世界社会奉仕に努める全世界のライオンズクラブを援助することである」とあります。献金を通じて世界に又、地元以外の地域へ貢献が出来る場であることを理解していただき積極的に進めていきたいと思っています。

 新会員拡大については、地域で我々の奉仕活動へ賛同してもらえる方々がまだまだいらっしゃると思いますので会員委員会を中心に会員の皆様と一緒に進めていきたいと思っています。

例年とは違う1年とは思いますが、私ども役員に対しましても皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。