ライオンズクラブ国際協会 美幌ライオンズクラブ 331-B地区

第1331回例会を開催

5月第2例会  会員委員会ライオンズを学ぼう
2019年5月21日(火)
この日の例会は5月第2例会として会員委員長であるL.柳澤 豊率いる会員委員会の例会として会員セミナーを開催しました。
セレモニーではライオンズクラブ国際協会より100周年記念会員増強賞の贈呈が行われました。 L.原田則子・L.山田 篤のスポンサーとしてL.柳澤 豊 L.小路泰孝のスポンサーとしてL.田村 裕が両会員のそれぞれスポンサーが記念バッジを贈られました。

会員委員会担当の会員セミナーでは委員長の柳澤Lがクラブメンバーに必要な知識と情報共有が必要です。先輩Lには解りきった内容となりますが、今一度、クラブの意義、権利と義務を再認識することによって若い会員の育成に役立ててほしいと訴えました。
会員副委員長であるL.小路泰孝がパワーポイントや映像を用いて、国際協会の成り立ちと会員の権利と義務を説明しました。
「自分も必ずしも知識が豊富なわけではなく、皆さんにこうして話す機会を与えらえ、調べて学び取ったもので皆さんにも聞いて、調べて各々のライオンズ知識にしてほしい」と話し、これからの奉仕活動に役立てほしい、国際協会の一員である以上、協会からガバナーを通して伝えられた重点項目奉仕活動の遂行やクラブが行っているYCE事業などから、世界貢献できる人材育成をすることが我々クラブの役目であるとセミナーで訴えました。

組織理念や会員の権利と義務を学び例会は終了した。